前へ
次へ

延命治療が必要かの意思表示を自分で行う

誰でも長く生きたいと考えるでしょうし、その人の家族もできるだけ長く生きて欲しいと考えるでしょう。
確かに健康的であればいつまでも長く生きたいでしょうが、生きているのが辛いぐらい痛みがあるときは話が少し変わります。
自分自身でも痛みが辛いでしょうし、家族も痛がっている姿を見て辛く感じるときもあります。
病状が悪化して意識がないとそれ以降の治療は医師が判断をして行います。
又家族にその後の治療方針を聞くときもあります。
その一つとして一定の状態になったときに延命治療を行うか行わないかがあります。
そこで行わないといえば無理な延命治療は行いません。
行うときには高額な医療装置などを使って延命をしてくれます。
延命治療をするかしないかの判断は患者自身でも行うことができます。
まだ意識のある時に文書などで延命治療が不要である旨を残しておくと良いでしょう。
するとそれを元に家族も判断がしやすくなります。
家族のことを考えるのであれば、早めにどんな治療をしてほしいかを伝えておくと良いでしょう。

Page Top