前へ
次へ

在宅医療は高いので一般人は受けられないか

病院で入院をして治療をするとき、個室か相部屋かを選べるときがあります。
一定人数以上の相部屋は標準治療になるので健康保険が適用されます。
一方個室などは患者などが自分で選択すると自由診療になって健康保険が適用されません。
差額ベッド代などが負担になることを知って利用する必要があります。
入院治療をしなければいけないとき、時には在宅医療が選べるときがあります。
自宅などに簡単な医療装置を設置して定期的に医師と看護師が訪問して対応してくれます。
ベッドを入れたりしないといけないので費用がかかるように感じますが、一般人では受けることができないのかどうか知っておきましょう。
在宅医療を受ける状態になると介護保険を受けられる可能性があります。
自宅に用意しないといけないベッドなどは介護保険を使えば1割負担になります。
またレンタルを利用すれば1か月の利用料金はそれほどかかりません。
必ずしも高額な医療費がかかるわけではないので、まず医療機関に相談してみると良いでしょう。

Page Top