前へ
次へ

一般の健康診断ではがんは見つかりにくい

健康診断で行われる検査として血液検査、尿検査があります。
血液は体の栄養分や酸素をなどを全身に送る役割があり、血液の状態が悪ければ病気の可能性を疑います。
又尿は血液の中に含まれる老廃物等が集められたもので、こちらからも体の状態が分かるようになっていて病気を発見できるときがあります。
では健康診断の血液検査や尿検査からがんが見つけられるかですが、今のところは難しいと言えるでしょう。
現在行われている健康診断の目的はがんを見つける為ではなく生活習慣病などを見つける為とされています。
検査項目もそれらが分かるものに限定されているので、血液を見て即がんと分かるわけではありません。
ただ、がんの治療をした人が治療後の経過を見るときに血液などのチェックをするときがあります。
こちらはがん患者特有の異常が血液中に出ていないかをチェックするためのもので、出ていなければ再発の可能性が少ないと判断されます。
将来的には血液や尿でがんが見つかることもあるようですが、今はまだその段階ではありません。

Page Top