前へ
次へ

自分の治療情報をたくさん持って行く方がいいのか

日常的な体調不良があるとき、主治医のいる医療機関を利用するのが良いとされます。
ある主治医のところを利用し続ければそこに自分の病歴などがストックされます。
医師としても過去の病状と今回の病状などを合わせて診断などができるでしょう。
いろいろなところに行くと情報が分散してしまいます。
少し重い病気になるとクリニックなどでは対応できないので病院に行くように言われます。
その時は主治医が治療データなどを行く病院に送ってくれたりします。
自分で用意する必要はありません。
ただ自分で医療機関を決めるときは自分で過去の治療情報を持って行くこともあるかもしれません。
気持ちとしては自分の全てを知ってもらいたいことがあるのでしょうが、医療機関としては必要な情報と必要でない情報を一度に持ってこられても困るかもしれません。
自分の情報を持って行くときは医師が必要と言ったときにそれに合わせて持って行くようにしましょう。
大量に持って行ったからと言って診断が早くなるわけではありません。

Page Top